海洋葬を行う際の手順を紹介

  • 東京でも永代供養への関心が高まってきています

    • 現代は、価値観が抜本的に変わってきています。

      また、少子化社会の影響もあって、家代々の墓を守っていくという慣習は、徐々に薄れてきています。
      東京などの都会では、とりわけその傾向が顕著になっています。
      ですから、お墓参りをする人がいなくなってしまう恐れが濃厚に出てきているのが現実です。

      そんな現状がありますので、かわりにお寺が、未来永劫、供養を行ってくのが永代供養です。



      お寺が責任を持ってやってくれますので、安心して任せることができます。

      もし身寄りがない人であっても、永代にわたって供養してもらえますので安心して託すことができます。


      永代供養の場合、ほかの人と同じ墓か、もしくは同じ納骨室に安置されるケースが一般的です。



      一般の先祖代々の墓と違って、家族がお参りをしたり供養をしたりする必要はありません。

      お寺がかわってやってくれるのです。



      また、一部の例外を別にすれば、過去の宗旨や宗派が問われることはありません。


      これは、東京でも地方でも事情は同じです。


      何よりも、コスト負担の点では非常に楽です。

      一度、一式の費用を支払えば、その後は全く料金は発生しません。
      お布施や管理費、寄付金などを支払う必要がありませんので、永代供養の場合は経済的な負担が少なくて済みます。

      ただし、一部には、生前に永代供養を申し込んだ場合は、年会費や年間管理費を負担するきまりになっているケースもあります。


      東京や大阪のような都会部では、永代供養への関心が非常に高まっています。