海洋葬を行う際の手順を紹介

  • 東京都の永代供養墓の特徴

    • お墓参りができない人やお墓参りをしてくれる人がいなくても、お寺が永代にわたり、責任をもって供養と管理をしてくれるお墓を永代供養墓と言います。



      一般的に他の人と一緒のお墓、または納骨室に安置されることから合祀墓飛蚊合同墓と呼ばれることもあります。

      一般的なお墓との違いは、まずお参りをしなくても、お寺が責任を持って、供要と管理をしてくれる事です。
      合同墓なので墓石代がかかりません。
      申し込み時に一式料金を払えば、その後の管理費、お布施、寄付金などの費用は、かかりません。
      (ただし、なかには護寺費が必要なお寺もあります。
      )過去の宗旨、宗派は問われません。
      (なかには檀家になる必要がありお寺もあります)納骨の仕方は、最初から合祀する方法、一定期間(3回忌までとか33回忌までとか50回忌)骨壷のまま置き、その後合祀する方法、お骨を分骨し、一部を一定期間安置し、残りを合祀する方法があり、お寺によって管理の仕方が違っています。



      供要の方法も春秋の彼岸盆の供要とか、毎月あるいは年1回の合同供養とか回忌供要とかお寺によってその供要方法は違ってきます。東京は人口が多く、自分のお墓を守ってくれる人に不安を感じる人が多く、自分のお墓に永代供養墓を選ぶ人が多くいます。東京都内には永代供養墓を運営する寺院も多く、過去の宗派にこだわったり、駅からら近くてお参りがしやすいとか、管理費の問題、環境が静かであるとかを考えて、インターネットで調べて資料を請求し、その内容を比較検討して、永代供養墓を購入する人が増えています。東京都かでは今後も永代供養墓が増えてくる可能性があると思います。