海洋葬を行う際の手順を紹介

  • 東京で永代供養が選ばれる理由

    • 葬儀は人生の中で誰もが一度や二度は経験する事です。


      その様式は地域や宗教による違いはありますが、仏教を例にすれば寺や専門の葬儀社の主導で執り行われます。

      その後、墓に納骨をして家族や子孫が長く供養をしていく事になります。その様に昔から続いて来た形が少しずつ変化して、永代供養を選ぶ人が増加しつつあります。永代供養とは寺や霊園が家族子孫の代わりに遺骨を管理し供養をする形です。
      大都市である東京には、故郷を離れて仕事をし生活をする家族も多いでしょう。

      現在東京で新しく墓を建てるのはかなり高額で、最低でも300万円程掛かります。
      これは墓石の代金の他に永代使用料という土地代が東京では他の地域に比べて高いからです。

      一方で永代供養に掛かる費用は大多数が10万円から50万円位までとかなり抑える事ができます。

      東京に墓を所有している人でも核家族化により墓を継承する人がいない、又は子孫に負担を掛けたくないという理由から永代供養を選ぶ事があります。



      永代供養の金額や内容は寺や霊園によって多少違うので事前によく調べる必要があります。ある期間(13回忌や33回忌など)までは遺骨を個別に安置し、その後合葬しての供養に移行する形が一般的です。

      当然、合葬すると遺骨を引き上げる事は出来なくなります。

      又、他の費用として管理費が必要な場合もあります。



      いずれにしても、その寺や霊園が存在する限り供養を続けてくれます。



      家族構成の変化や考え方の多様化から出た新しい供養の形です。