海洋葬を行う際の手順を紹介

海洋葬を行う際の手順を紹介

海洋葬とは埋葬法の一種で、海に故人の遺骨を撒くことです。
言い換えれば海で行う散骨ということになります。


この海洋葬、気にはなっていても具体的にどういうものかピンとこない人も多いのではないでしょうか。

専門の業者に依頼した場合、海洋葬は次のような流れで行われます。


まずは相談と申し込みです。



散骨を希望する海が日本なのか海外なのかで取り扱う業者が違うこともあります。

ご自分の希望する海を指定できる業者を探して相談・依頼しましょう。
依頼はご遺族やご遺族の親族の意思で行われることが多いですが、生前申し込みも可能です。



もしご自分が海洋葬を希望しているなら今から準備しておくこともできます。すでに故人となった方の申し込みには書類が必要で、火葬後すぐに散骨する場合とお墓から遺骨を取り出して散骨する場合とで違いがあります。
火葬後すぐを希望するなら「埋葬許可証」を本籍地の役所から発行してもらいます。
お墓から遺骨を取り出すなら埋葬地の管理者から「納骨証明書」をもらい、お墓の管轄である役所に提出して「改葬許可証」を発行してもらいます。

こうして書類がそろえばここから本格的に散骨の準備が進み始めます。


多くの場合、散骨を依頼された業者が遺骨を引き取りにきますが、遠くてそれができないなら郵送するという手段も可能です。
すべての遺骨を引き渡してしまうと後に後悔される遺族もいますので、少しの遺骨を手元に残しておいてもいいでしょう。
こうして引き渡された遺骨は業者が法律に従い細かく砕く「粉骨」という作業を行います。

そして指定日時に指定場所から船が出向し、希望ポイントで散骨をします。



この際、海洋葬専門の業者から細かい注意点の説明などがあるのでそれに従えば安心・安全に散骨をすることができます。

  • 永代供養の知っておきたい情報

    • 葬儀は人生の中で誰もが一度や二度は経験する事です。その様式は地域や宗教による違いはありますが、仏教を例にすれば寺や専門の葬儀社の主導で執り行われます。...

      detail
  • 永代供養の最新情報

    • お墓参りができない人やお墓参りをしてくれる人がいなくても、お寺が永代にわたり、責任をもって供養と管理をしてくれるお墓を永代供養墓と言います。一般的に他の人と一緒のお墓、または納骨室に安置されることから合祀墓飛蚊合同墓と呼ばれることもあります。...

      detail
  • 永代供養の基本知識

    • 近年、お墓の継承者がいない、子供にお墓のことで迷惑をかけたくないといった理由から、東京を中心に永代供養が注目をあびています。永代供養とは、お寺や霊園がそれぞれ決まった年数の間、管理・供養を行ってくれるお墓のスタイルのことです。...

      detail
  • 知りたい永代供養事情

    • 現代は、価値観が抜本的に変わってきています。また、少子化社会の影響もあって、家代々の墓を守っていくという慣習は、徐々に薄れてきています。...

      detail