手形割引とファクタリングの比較

subpage01

手形割引とファクタリングは似ていると言われています。

ファクタリング会社のランキング情報を探すならこちらです。

しかしこれらは全く同じというわけではありません。
手形割引もファクタリングも資金化を早めたいという目的で行われています。

手形割引は約束手形の期日までに換金を行いたいという時に用いられる方法で、ファクタリングも売掛金を早く資金化したいといった理由で行われます。


では、これらを比較した時の違いはどのような点にあるのでしょうか。
そこで、手形割引とファクタリングについて比較してみたいと思います。
まず、これらの方法の違う点として挙げられるのが返金義務があるか否かという点です。
前者は約束手形が資金化できる期日前に金融機関に手数料を支払うといった割引の形で資金化します。

この手形割引は融資のようなものになるため、期日には融資を受けた金額は返却する必要があるということになります。



それに対し、後者は会社に売掛金を買い取りしてもらう方法であるため、返済義務は無いということです。

また、これらの大きな違いには不渡りを起こすリスクがあると言われています。

手形割引は約束手形を発行した会社がもしも破綻してしまった時には手形割引を申し込んだ事業者に責任が及ぶことになっています。

それに対して、ファクタリングは売掛金債務を負っている会社が破たんした時はこのサービスを申し込んだ人には責任はありません。
そのため、これらの点が両者を比較した時に挙げられる違いということになります。