比較しよう!ファクタリングは銀行融資とどう違う?

subpage01

ファクタリングは売掛債権を買取してもらい、早期に資金化をすることで経営に弾みをつけるといった利点があり、昨今注目されている方法です。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

このファクタリングは銀行の融資と比較すると、より短期間で売掛債権を資金化することができ、融資の審査と違って申し込んだ側ではなく売掛元の企業などの信用性に基づいて資金化が行われます。
この点は銀行の融資と比較するとメリットとも言われています。



しかし、ファクタリンは手数料という点から比較すると銀行融資よりも高めに設定されており、20%といった手数料が設定される場合もあります。
ファクタリングの中でも2者間ファクタリングは、相手の会社に知られずに資金調達を図ることができるという特徴があります。

しかし、そのぶんこのサービスの中では手数料は高めに設定されていると言われます。



それに対して、3者間ファクタリングは相手に売掛債権を買取してもらうことなどを通知するという方法が採用されますが、手数料はこのサービスでは低めに設定されるといった傾向があります。


このように、この手法は利便性があり、より短期間で売掛債権回収を行う事もできますが、手数料という点からは銀行の融資の方が低いといった特徴があります。


そのため、どの会社のサービスを利用するのかといった時には手数料を比較してから選ぶということがポイントになります。
様々な会社がサービスを提供しており、こうした点などを比較してベストなサービスを選ぶのがおすすめです。