海洋葬を行う際の手順を紹介

  • 東京で人気の永代供養

    • 近年、お墓の継承者がいない、子供にお墓のことで迷惑をかけたくないといった理由から、東京を中心に永代供養が注目をあびています。永代供養とは、お寺や霊園がそれぞれ決まった年数の間、管理・供養を行ってくれるお墓のスタイルのことです。


      では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。



      永代供養墓は、その特徴から合同墓と呼ばれることもあります。その名の通り共同墓地なので墓石代がかからず、墓地の使用料が割安で、一般的なお墓を建てるより費用が安く済みます。
      基本的には供養料を払えば、その後のお布施や寄付金を支払う必要がないことも経済的なメリットの一つです。東京などの都市部は土地の確保も難しいという理由からも、このスタイルを選ぶ人が増えています。また、お墓を建てた場合、日常的な管理や掃除、遠方からのお墓参りが困難だったりします。
      永代供養であればお寺が管理・供養を行ってくれるので負担が減り、きちんと供養がされているという安心感も持つことができます。
      お墓のスタイルも選べることが多く、他の方と同じ場所に安置される合祀スペースを設けたお墓タイプや、納骨堂タイプ、個人や夫婦など個別のお墓タイプなど、自分に合ったものを選ぶことができるのも魅力です。



      時代の流れで家族の形が変わり、後継ぎがいない、子供の負担を減らしたい、といった理由から永代供養の人気が高まっています。



      東京では駅からアクセスの良い、利便性の高い場所にあることも多く、お参りにいきやすいという魅力があります。
      ライフスタイルの変化に伴い、選択肢も広がりつつある現代のお墓選び。

      家族でしっかりと話合って、自分たちに合った納得のお墓選びをしましょう。